換金する

【仕入れ0円!】拾って売れるもの8選。タダのものをお金にする秘訣とは?

拾って売れるもの8選

お金が必要だけど、どこからも借りられない。

そういうときに目の前に転がっている石を見て、「これがお金だったらいいのにな」と思ったことありませんか?

でも実は、その石がお金になることがあります。

他にも身近にある落ちているもので、拾って売れるものが思いのほかたくさんあります

そんなので本当にお金になるの?と思うかもしれませんが、落ち葉を拾って年収500万円という人もいるとニュースになり話題になったこともあります。

ここではそんな拾って売れるものについて、どのようなものが売れるのか、どこで売ればいいのかなど現金化するためのノウハウをご紹介していきます。

このページで分かること

自然界には売れるものがたくさん溢れている

自然界には拾って売れるものがたくさんあります。

例えば石や流木などはアクアリウムをしている人に人気があり、デザイン性の高いものであれば1個1000〜2000円で売れることもあります。

ただし、ほとんどのものは1個あたりの値段が安く、たくさん集めて1000円程度にしかなりません。

このため、しっかり稼ぐには効率よく採取できる場所を見つけることが重要になってきます。

自分の暮らしている地域で入手しやすい物を、拾って売るようにしましょう。

また、売る前に煮沸消毒などの処理を行うことで買い手が見つかりやすくなります。

さらに自分で加工して販売すれば、もっと高額な収益を得ることもできますので、拾って売るだけでなく、手先が器用な人は、アクセサリなどにして売るというのもおすすめです。

拾っていいものと拾っていけないもの

稼げるものが見つかっても違反や違法は絶対にダメ

何かを拾って売るというと、ゴミ捨て場にあるものを持って帰るようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、これは違法ですのでやめてください

ゴミ捨て場の物を拾って帰るのは遺失物等横領罪や窃盗罪になる可能性があります。

実際に罪に問われることはほとんどありませんが、繰り返し行っていると近所の人たちが不審に思って警察に届け出をするケースがあります。

そうなると警察も動かないわけにはいけなくなるため、ちょっとしたトラブルになってしまいます。

このように誰かの所有物だった可能性のあるものは、原則として拾わないでおきましょう

そのようなリスクを犯さなくても、自然界には拾って売れるものがたくさんあります。

自然界のものは所有権がありませんので、自由に拾って売ることができます。

ただし、自然界であっても国立公園や国定公園内にあるものを拾うのは、自然公園法違反になります。

これらの場所は自然を保護する場所ですので、いくら売れそうなものがあっても、勝手に持って帰らないようにしましょう。

自然界にある拾って売れるもの8選

自然界には売れるものがたくさん存在している

自然界には拾って売れるものがたくさんあるとお伝えしましたが、ほとんどの人がピンとこないかと思います。

どんなものが売れて、どんなものが売れないのかもさっぱりわかりませんよね。

そこで、ここでは具体的に何が売れるのかをご紹介していきます。

  • 流木
  • 松ぼっくり
  • どんぐり
  • 貝殻
  • シーグラス
  • 生き物

比較的入手しやすいものとして8つ挙げてみました。

こんなものが本当に売れるのか疑問に感じますよね。

でも実際に高く売れるケースもあります

ただし、ここに挙げたものなら何でも売れるというわけではありません

それそれがなぜ売れるのか、どのようなものなら値段がつくのかを詳しく見ていきましょう。

デザイン性のある石はそれだけで価値がある

石なんて売れるわけがないと思うかもしれませんが、実は石は盆栽や鉢植えに使われたり、水槽の飾りになったりと、思わぬところでニーズがあるアイテムです。

実際にAmazonなどで「石」と検索すると20万件以上の検索結果があります。

そのすべてが自然界の石というわけではありませんが、ニーズがあるのは間違いなく、1kgあたり1000円程度の価格で売れています

一般的な石の種類くらいは勉強する必要がありますが、見た目が美しい石であればそれだけで売れることもあります。

火山によって作られた溶岩石などは、比較的入手しやすくデザイン性の高いものも見つかります。

ただし、富士山のように国立公園になっている場所での石は、上記にありますように自然公園法によって採取が禁止されていますので、持って帰らないように気をつけてください。

流木

大雨の後は海や川へ流木探しに出かけよう

海や川の近くで暮らしているなら、流木を探して散歩してみるのがおすすめです。

石とは違って流木があるかどうかは運次第というところもありますが、15cm程度の流木が500〜1000円程度で売れます

この流木も水槽の飾りとして人気があり、珍しい形をしているものはすぐに売れてしまいます。

とはいえ、美しく感じるのは個人差がありますので、落ちている流木はどんどん拾って販売していけば、1本の価格は安くても、それが積み重なってまとまった金額になります

流木は大雨の後などに手に入りやすいので、そのタイミングでまとめて在庫を揃えてしまうのがおすすめです。

拾った流木は煮沸消毒して皮をはがすなどの処理をしておくと、より高値で買取してもらえます。

松ぼっくり

単価は少し安いけれどチリも積もれば山となる

子どもの頃によく拾ったかもしれませんが、松ぼっくりも拾って売れるもののひとつです。

大きさが揃ってないと売れなかったり、100個あっても500円くらいにしかならなかったりと、あまり効率のいいものではありませんが、クリスマスシーズンなどになると需要が出てきて、思わぬ値段で売れることもあります。

松ぼっくりは秋に拾うものだと思っているかもしれませんが、実は1年中落ちてくるものですので、毎日拾うことができるというメリットがあります。

ある程度まとまったところで、サイズや形で分別して、50〜100個単位で売れば効率よくお金に換えることができます

松ぼっくりはかさばるので、山にわざわざ拾いに行くのは交通費のほうが高くなってしまうので、近くに松並木があるような人にしか適していませんが、売れることは間違いないので覚えておきましょう。

どんぐり

10~11月にたくさん集めてシーズンオフに販売

松ぼっくりよりも入手性が低くてニーズが高いのがどんぐりです。

どんぐりはハンドメイドアイテムとして人気があり、1個5〜10円程度で買い手が見つかります

もちろん1個では手間賃のほうが大きくなるので、100個単位で売ることになります。

以前は拾ってきたものをそのまま売っている人もいましたが、最近は煮沸消毒していないと売れないことも多く、手間はかかってしまいます。

それでも1個が小さくてかさばりませんので、近くにどんぐりが取れる場所があるなら、どんぐり拾いして売るのをおすすめします。

どんぐり拾いができるのは10〜11月ですので、季節限定ということになりますが、その期間に収穫しておいて、時期をずらして販売すると売れやすくなります。

貝殻

アクセサリー作りで人気のタカラガイで一儲け

ニーズはそれほど高くありませんが、貝殻も海岸などで拾って売ることができます。

アクセサリの材料として人気が高いのがタカラガイで、海沿いのお土産屋さんなどでもよく売られています。

コレクターも多いので、美しいデザインのタカラガイなら高値で売れます

海岸でも貝殻が集まりやすい場所と、そうでない場所があり、貝殻の多い海岸を見つけることができれば、短時間でたくさんの貝殻を収集できますので、効率よく稼ぐことができます。

1gあたり3〜5円程度ですので、500gあれば2000円くらいにはなります

帆立貝くらいのサイズになると1枚100〜200円で売れることもあります。

ただし、こちらもきちんと処理をしておく必要があります

採取してすぐに処理をしておかないと異臭がして売り物にならなくなるため、水洗い後に煮沸消毒をして、漂白剤につけておくなど、思ったよりも手間がかかりますので気をつけましょう。

シーグラス

近所の海でシーグラスがよく見つかるならチャンス

シーグラスはガラス片が砂浜などで長時間かけて削られたもので、人工物と自然が融合してできたアート作品です。

同じものがないという点で、美しい形のものを選んでコレクションしている人もいます。

ハーバリウムやアクセサリの素材としても人気があり、500gで1500〜2000円くらいの値段が付きます

最近はガラス製品が減りリサイクルも行われているため、シーグラスを集めることが難しくなっています。

メルカリなどの出品者も多いというのも悩ましいところですが、近くにシーグラスが見つかりやすい海があるなら、貝殻拾いと一緒に行うと効率よく採取できます。

苔は成長が遅いから計画的に採取するように

売るためにはある程度の知識が必要になりますが、苔も拾って売れるものです。

山まで行かなくても意外と身近な公園でも苔を採取することができますし、盆栽やテラリウムをしている人たちにニーズがあるため、ひと握り分でも500円程度の値段で売れます。

苔が取れる場所がわかっていれば、売れてから取りに行くこともできるため、在庫を持たなくても済むというのが苔の魅力です。

ただし、神社やお寺などの敷地内に入って勝手に苔を取るようなことはしないでください

また、同じ場所で大量の採取をするのも好ましくありません。

苔は成長が遅いため草のようにすぐに元の状態に戻るわけではありません。

苔を拾って売る場合には、できるだけ多くの採取場所を確保しておくことをおすすめします。

生き物

昆虫に苦手意識がなければ一攫千金も夢じゃない

拾うというのとは少し違いますが、自然界の生き物も売ることができます。

例えばカブトムシやクワガタムシなどは安定して高値で売ることができ、オオクワガタなら2000円以上の値段がつくこともあります。

蝶の標本も1000円程度になります。

確実に採れるという保証がないのがデメリットですが、それだけに単価も高く、大きく稼ぐことができるのが生き物です。

昆虫が苦手という人には適していませんが、自然豊かな場所で暮らしている人なら、生き物で稼ぐという選択肢があることも覚えておきましょう。

拾って売れるものはどこで売ればいいのか

素材として売るか加工して売るか

拾ってきたものも売れなければ価値がありません。

そこで重要になるのがどこに売るのかということです。

これらの物を売る方法は2つあります。

  • 専門業者に買い取ってもらう
  • ヤフオクやメルカリを使って自分で売る

簡単なのは専門業者への売却ですが、これはほとんどお金になりません

労力に見合っただけのリターンがありませんので、拾ってきたものを売る場合にはヤフオクメルカリを使って、自分で売るようにしましょう。

手先が器用な人ならアクセサリやインテリア雑貨などに加工して売れば、世界に一つだけのアイテムになりますので、素材として売るよりも高く値段が付きます。

加工した商品が安定して売れるようになってきたら、BASEのようなネットショップで販売するという方法もあります。

アイデア次第で思わぬ人気が出ることもありますので、自分なりの方法で、「拾って売れるもの」を「拾って加工して売れるもの」にしてみてください。

まとめ:拾って売るのは継続性が大切

薄利多売の精神で地道に集めることが大切

自然界にあるものを拾って売るというのは、元手がかからないため手軽に稼げるように思いますが、基本的には薄利多売になります。

どんぐりを100個も200個も拾って数百円にしかなりませんので、効率はよくありません。

それでも続けていけばまとまったお金になります

数回拾うのではなく、それを継続することでお小遣い稼ぎくらいの金額まで得ることは可能です。

さらに拾ったものを自分で加工して売ることができれば、ちょっとしたビジネスにすることも可能です。

拾って売るだけでなく、それらを使って世界にひとつしかないアイテムを作り出すということにもチャレンジしてみましょう。

-換金する
-

Copyright© エコ金策【お金を作る最終手段一覧】省エネルギーでお金を作る , 2019 All Rights Reserved.